スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「帰化した移民のように」 トヨタ米進出50年、豊田名誉会長講演

■普通自動二輪免許オートマチック【小型限定解除】(マニュアル125cc⇒オートマチック400cc【...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070913-00000098-san-int
 【ワシントン=渡辺浩生】トヨタ自動車の豊田章一郎名誉会長が12日、米有力研究機関ウッドロー・ウィルソン・センターで、今年が進出50周年となる米国でのトヨタの歩みについて講演し、「帰化した移民のように社会の一員としてとけ込んできた」と振り返った。

 トヨタは1957年に、初代クラウンを米国に初めて輸出したが、豊田氏は「高速を時速100キロ以上で走る米国の市場環境に耐えられるものではなかった」と痛感したという。


自動車 免許最新情報は・・・エンジン性能の未来的考察



この失敗から、「お客さまを第一としたものづくりの教訓を学んだ」ことを明かした。80年代には、小型車需要の増加で輸出が拡大し、日米自動車摩擦が激化した。

 トヨタは84年にゼネラル・モーターズ(GM)との合弁で現地生産を開始したが、雇用慣行の違いから、トヨタの生産方式が「受け入れられるか心配だった」。だが、後に市民権を得て、「合理的と判断したら、しっかり受け入れていく米国社会の度量の大きさを理解した」という。

 現地生産は拡大を続け、トヨタは、北米8番目の工場をミシシッピ州に建設する。

エンジン性能の未来的考察


◆自動車 免許関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆自動車 免許関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年09月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。