スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【トヨタ ヴァンガード 発表】トリム処理はトヨタ初の手法

ソニー・ロリンズ/コンプリート・ヴィレッジ・ヴァンガードの夜 Vol.2

トヨタ『ヴァンガード』のインテリアはベースとなっている『RAV4』と基本的には同じデザインを採用している。ただし、インパネやドア内側のグリップ部分のカラーリングには、トヨタで初めてとなる試みが施されている。

商品企画本部 石坂宗徳さんは「ヴァンガードのインパネはRAV4と共通のものを採用していますが、センタークラスターパネルやドアトリムには、トヨタ車で初めてブロンズ調加飾を採用しました」と話す。

「ほかにもシフトゲートまわりやドア内側のグリップ部、サイドブレーキレバーにメッキ処理を施して上質感を高めています。


ヴァンガード最新情報は・・・キングレコード ゲームミュージック/ワイルドアームズ ザ・フィフスヴァンガード オリジナル...



さらにシートも“Gパッケージ”には本革とアルカンターラを組み合わせた高級感のある表皮を採用して、前席にはパワーシートも装備しています」

「ヴァンガードは、このようなデザイン処理を施すことで、ラグジュアリーSUVにふさわしいインテリアに仕上がりました」

確かにヴァンガードの内装デザインはRAV4となんら変わりはないのだが、センタークラスターパネルやドアグリップにブロンズ調加飾が施されているので、質感が高まって、趣を異にする。ヴァンガードのインテリアは限られた条件の中で、RAV4と上手く差別化が図られている。




(引用 livedoorニュース)


キングレコード ゲームミュージック/ワイルドアームズ ザ・フィフスヴァンガード オリジナル...


◆ヴァンガード関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ヴァンガード関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年09月14日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。