スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「ちょっとした勇気があれば世界はもっと平和になる」『包帯クラブ』石原さとみ

プラクティスシャツ N/S
“明るい”“聡明な”という形容詞がよく似合う、若手女優のなかでも群を抜いた存在の石原さとみ。『包帯クラブ』は石原さんが二十歳を迎えて初めての現場。「みんなと一緒にお酒が飲めたことが嬉しかった!」と、無邪気に話す姿は初々しいが、ふとした瞬間に見せるまなざしにはこれまでには見せなかった大人の女優の風格が漂っていた。そう、ワラを演じたことで本人曰く「成長があった」のだという。そんな石原さんに『包帯クラブ』の持つ魅力について語ってもらった。

ワラという女の子はちょっと言葉遣いが悪かったり、将来に希望を持っていなかったり…。「今までにない役だからこそ面白かった」と、石原さん。
「ワラみたいな子って実はどこにでもいそうな子だと思うんです。


合宿最新情報は・・・プラクティスストッキング



同世代にピンポイントで響いてくれる役だなと。演じている私自身も、ときどき周りから『あれは素じゃない!?』って言われたことも(笑)。ワラは言いたいことをちゃんと口にするし、その発言も飾らずストレート。演じていて気分良かったですね」。

しかし台本をちゃんと読むまでは「ホラーだと思っていた(笑)」そうで──
「作品タイトルは耳にしたことがあったんですが、内容までは知らなくて…。お話をいただいて台本を読んでみて、心が傷ついた場所に包帯を巻くという行為に驚いたというか、とても新鮮な気分になりました。堤監督のもとで芝居ができるということも嬉しかったですね」。また、監督からは「難しい役だけれど、色々な感情を持っているからこそ演じるのは面白いはず」と言われ、プレッシャーのなかにもやり甲斐を感じたのだという...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


プラクティスストッキング


◆合宿関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆合宿関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年09月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。