スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

自動車免許取得物語 辛いこともあったけど・・・

新聞広告でたどる60~70年代の日本車
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070905-00000003-tsuka-soci
運転免許を普通に取ろうとする人が避けて通れないのが、自動車学校である。 私が自動車学校に通っていたのは、18歳の高校生のときだった。当然ながら、18歳に30万円近い取得費用があるわけもなく、親の金で嫌味を言われながら通ったわけである。

私はどうも運転技能が低いらしく、自動車学校の中を円周上に一周する第一段階中でも、車体がよろけて不合格をもらった。その後もS字カーブで脱輪したり、車庫入れの要領がつかめず、失敗を繰り返した。私の失敗は、 舘ひろしが主演した映画『免許がない!』の運転技能が低い主人公と同じだった気がする。

失敗は数々あったが、自動車学校の外を走る路上教習でも、忘れられない思い出がいくつかある。


自動車免許最新情報は・・・新聞広告でたどる60~70年代の日本車



まず1つ目は、ミッション車で、ギアを4速から3速に入れるべきところを緊張して余分な力が入っていたのか、4速から1速に急激に入れてしまう大きなミスをしてしまったのだ。

当然、こんな操作をすれば、足で踏む急ブレーキ操作は行なっていなくても、エンジンブレーキが強くかかって、速度が急激に落ちる。後の後続車は、ブレーキランプが点灯していないのに、前の車が急ブレーキをかけたのだから驚いたことだろう。自動車学校の教官には、「余分な力が入っているからだよ。もっと、リラックスするように」と怒られた。

2つ目は、広い信号交差点で左折をするときに、横断歩道を渡り始めの人がいたが、自分は中央車線側で遠いから大丈夫と思って横切ろうとしたら、助手席の教官側についているブレーキで車を止められたことがある...

ニュースの続きを読む


新聞広告でたどる60~70年代の日本車


◆自動車免許関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆自動車免許関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年09月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。