スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2.5GHz帯免許で問われる総務省の戦略性

ワイヤレス・ブロードバンド時代を創るWiMAX
 総務省による2.5GHz帯の免許申請受付が始まった。着目点の1つは、周波数の割り当てに際して総務省が日本独自規格の次世代PHSも採択するかどうかである。

●コア技術は似たり寄ったり

 現時点で次世代と呼ばれる無線技術である802.11n、WiMAX,次世代PHSそして、4Gは性能向上の主要部分を、OFDMとMIMOの採用に依存している。

 OFDMは、直交周波数系といわれる相互干渉しない多数の周波数チャンネルに分けてデータを送信する方式で、マルチパスといわれる複雑に反射する電波の影響を軽減し、雑音に強いという性質を持っている。また、MIMOは、複数のアンテナを用いて空間多重化という手法により同時に送るデータ量を多くしたり、電波の干渉を利用してビームフォーミングと呼ばれる端末がある方向のみに強い電波を送るなど状況に応じた電波の利用を可能にする手法である。


wimax最新情報は・・・無線ブロードバンド大全





 OFDMであれば、iFFT(逆フーリエ変換)、MIMOは行列演算など、符号化そのものに高速な数値演算が必要な手法になる。このため低消費電力で安価かつ高速な信号処理チップの登場によって、初めてこれら方式のモバイル機器への適用が可能になったのだ。こうした基本方式は米国で開発された技術であり、周辺技術を日米欧にて固めている状況にある。

 わが国固有といわれる次世代PHSもその固有性は統合されたシステムとしてのあり方にあるのである。

●自前というだけで推進しがちな日本

 総務省は電波割り当ての条件としてオープンなビジネスモデルと「国際的通信方式の採用」を挙げている...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


無線ブロードバンド大全


◆wimax関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆wimax関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年09月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。