スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

世界シェアトップ3入りの鍵は、ブランド携帯とエントリー市場への進出──Sony Ericssonのルイス氏

NGN時代を勝ち抜く新・モバイル革命のすべて
 英Sony Ericssonが好調だ。2位争いを続けている米Motorolaと韓Samusungがシェア拡大に向けた決定打を打ち出せずにいる中、Sony Ericssonは「Walkman」ブランドの音楽ケータイを軸に、市場で強い存在感を示し始めている。世界シェアトップ3入りを目指してどんな戦略で望むのかを、エントリ部門トップ兼副社長のハワード・ルイス氏に聞いた。

ITmedia Sony Ericssonが注力する、音楽への取り組みについて教えてください。

ルイス氏 音楽については、2005年にWalkmanブランドの端末をリリースしてからさまざまな面で強化を図ってきました。Sony Ericssonが重視したのは、携帯電話に音楽プレーヤーをうまく統合すること。これは、容易な作業ではありません。


wimax最新情報は・・・21世紀の挑戦者クアルコムの野望





 大切なのは、まずは携帯電話をしっかりと作り、その上で音楽機能を作りこむことです。当初からユーザーインタフェースを工夫し、ユーザーに音楽機能を使ってもらえるようにと配慮してきました。これは、口で言うのは簡単ですが、実現するとなると難しい課題です。この一環としてこれまで、「PlayNow」「TrackID」「SenseMe」などのサービスを提供してきたわけですが、中でも「SenseMe」は、これまでとはまったく違うソフトに仕上がっています。楽曲名やアーティスト名で聴く曲を選ぶのではなく、ムードで楽曲を選ぶというもので、われわれの音楽機能に対する取り組みのユニークさを体現しています。

 音声通話から始まった携帯電話も、今やさまざまなカテゴリーが生まれており、ユーザーは音楽、カメラ、ゲーム、Webブラウザなどの機能で携帯を選ぶようになっています...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


21世紀の挑戦者クアルコムの野望


◆wimax関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆wimax関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年09月22日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。