スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

疲れ吹っ飛んだ!達也豪快ミドル弾

にゅうおいらんず/噺家ディキシー・バンド にゅうおいらんず 10周年記念ライブ
 浦和が4発で首位を守った。J1第25節第1日は15日、7試合が行われ、日本代表FW田中達也(24)が左足で豪快なミドル弾を決めるなど、1得点1アシストの活躍。オーストリア遠征から帰国直後で疲労が残る代表守備陣を救った。これで右足首脱臼骨折から復帰後、ゴールを決めた試合は10戦不敗。左内転筋痛が回復し、8月1日広島戦以来の復帰となったFWワシントンも復活弾を決めて広島を4―2と下した。 得意のドリブル突破ではない。振り向いた先にゴールが見えたから狙った。前半12分、ゴール右45度、距離は25メートル。田中達は利き足と逆の左足を迷うことなく強振した。


合宿最新情報は・・・プラクティスストッキング



「うまくとらえることができたと思う」。芯(しん)を食ったシュートは不規則に揺れ、相手GKの手が空を泳ぐ。ネットを下から突き上げるようなミドル弾が決まった。 周囲をあぜんとさせた。日本代表のオーストリア遠征から2日前に帰国。時差ボケに苦しみ、普段は9時間の睡眠をとる田中達の目は今にもとろけそうだった。しかも、広島の気温は32度。標高1070メートルに位置した代表の合宿地との差は20度以上あったが「体力的にもあとのことは考えなかった」と腹をくくった。思い切りの良さが、過酷な条件を吹き飛ばした。 会心の一撃に、MF小野は「代表選手は疲れ切っていた。そんな中、目の覚めるようなゴールだった」と話した。極度の疲労から試合展開次第で途中交代を申し出ていた闘莉王も「よく決めたな」と感謝した...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


プラクティスストッキング


◆合宿関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆合宿関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年09月23日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。