スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ムーアの法則が終わる日──ゴードン・ムーア氏特別講演から

21世紀の挑戦者クアルコムの野望
 何十年にもわたって業界の根幹となっていたものが、ある日突然崩れたらどうなるだろう。その業界は次の目標を見つけ出すことができるだろうか? 長年にわたりコンピュータ技術の最先端を走ってきたプロセッサ業界にとって、これまでのルールが変わる転換点が到来しつつある。そのルールとは、いわずと知れた“あの法則”のことだ。

●いつまで続く「ムーアの法則」

 「ムーアの法則」(Moore's Law)とは、Intelの共同創設者であるゴードン・ムーア氏が提唱した、半導体の集積回路における「半導体のトランジスタ集積度は2年(24カ月)で2倍になる」という進化の法則のことだ。この法則はその後修正され、2年から1年半(18カ月)へとサイクルが縮小され、これがそのまま半導体業界におけるロードマップの原典となっている。


wimax最新情報は・・・ユビキタステクノロジーのすべて



果たして、この法則が崩れる日は来るのだろうか?

 9月18日(米国時間)より米国のサンフランシスコでスタートしたIntel Developer Forum 2007(IDF 2007)の初日に、このムーア氏による特別講演が実施された。National Public Radioで技術に関するインタビュー番組のホストを務めるモーラ・ガン氏によるインタビュー形式の講演会では、草創期のIntelやシリコンバレーの歴史、そしてムーアの法則の提唱まで、その歴史がひも解かれることになった。

 「ムーアの法則」の原典は、1965年にムーア氏が寄稿した論文にさかのぼる。当時、Fairchild Semiconductorに在籍していたムーア氏は、1968年、アンディ・グローブ氏とともにIntelを設立した...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


ユビキタステクノロジーのすべて


◆wimax関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆wimax関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年09月24日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。