スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【サムライ通信】欧州遠征で得た教訓 <後編>

2007年09月25日発売いもうと達の夏期強化合宿2007への道
■中村俊輔「前半のほうが収穫が大きかった」[中編の続き] アウエーながら、優勝で大会を終えた。結果としては申し分ない。スイス戦の粘り強い勝利も価値あるものだ。しかし、ミックスゾーンに姿を見せた鈴木の表情は冴えない。勝利という結果について問うと、しばらく、「うーん」と考え込んだあと、「公式戦ではないということもありますし、後半メンバーを向こうが代えてきたこともありますし、すべてがすべてよかったとは思わないです。前半は課題の残るゲーム展開だったんで」と応えた。

 それでも今遠征で確認できたことのひとつを「自分たちのサッカーをやり続けることの大事さ」と語った。パスを回し続けたことで、相手の疲労が増した。「スタミナだとか、パスを回す回数だとかは、日本のほうが上だと思う。ただ、プレッシャーが厳しい状況の中では、無理に繋ぐ必要もないのかもしれないし。1本のロングパスがチャンスを生むこともある。何をすれば正しいのかという正解はないのかもしれない。だからこそ、状況に応じて何をするのかという判断が大事。監督がいつも言っていることですけどね。そういう意味でアウエーでああいうレベルの高い相手と対戦できたことは、いいトレーニングになった」とまとめた。

 中村俊は言う「前半のほうが収穫は大きかった」と。得点を決めた後半ではなく、厳しい状況での前半の方がプラスになったというのだ。「ああいう状況では、この選手はこういうプレーをするということを知れたからね。それを知れば、それに応じたプレーができるからね。アジアカップには居なかった闘莉王の上がるタイミングを知れたのも大きいね」さらりとそう話す中村俊の言葉に報道陣から笑いが生まれる。この男は見ているところが違う。今日の勝敗以上に先を見ているのだと、誰もが納得する。


合宿最新情報は・・・プラクティスストッキング





 もちろん、それは中村俊だけではないだろう。足早にバスに乗り込んだ闘莉王や鈴木も同様に、スイス戦の勝利、大会優勝に興奮してはいなかった。「もっと前半からパスをつなげれば、もっと早く相手が疲れたのではないか?」という質問を受けた中村俊は、問いに答えるのではなく、チームの現状について語った。

「裏に出ようという発想があるけど、そのタイミングで誰かが前を向いているかっていうと、そうでもないから、走るタイミングも作りづらい。今度、みんなが顔を上げて遠く見ているけど、誰も走っていない。そこらへんの形ができてくれば、いろんなことができるんだけどね」

 話は続いた。やわらかい口調の中に、FWの動き出しのまずさを織り交ぜる。チームメイトの特徴をもっと理解することが必要だとも言う。修正したい箇所を話し出せば切りがない。プレスオフィサーが取材の終了を告げる。「課題や修正点は?」と記者の声が飛ぶ。「いっぱいあるよ!」選手バスへと向かう中村俊の言葉が、ミックスゾーンに響いた。

 当然勝利を喜ぶ選手もいる。彼らの喜びを否定するつもりはない。しかし、スイス戦の勝利よりもアジアカップで勝ちたかったと思ってしまう、自分がいるのも事実だ。まあ、口にしたところで、意味がない話ではあるが。ただ、欧州遠征の成果はあった。今遠征では、結果よりも、国内組と欧州組との融合に興味があった。欧州組が次いつ、代表に招集されるかは、監督にしかわからないのだから。過去の例を獲れば、数ヶ月のインターバルがあっても不思議ではない。

 今後、アウエーで欧州や南米(いわゆるアジア以外の国と)対戦する予定はしばらくはないだろう。下手をすると、ワールドカップ予選が終わるまでないかもしれない。そんなことを考えたとき、オシムジャパンが欧州でどう戦うのか? ということを知りたかった。

 そんな中、大会を終えて感じるのは、オシムのサッカーは間違っていないと選手たちが確信しているということ。そこにズレがなければ、チームという船は順調に進んでいくはずだから。現状の日本代表の“力”を図るというまでには行かなかったが、それを確認できただけでも大きい。そして、現状に満足してない選手たちの存在は心強い。


―― text by Noriko TERANO from AUSTRIA ――

<サムライ通信>
・時間のかかる欧州組の「フィット」
・アウェイ…そして「欧州」で戦う意味合い
・合宿初日 若手に与える中村俊輔の"存在感"
・中田浩二「代表選出のために欧州移籍を断念するのは残念なこと」
・挫折から1年 復活を果たした松井大輔

もっと見る

(引用 livedoorニュース)


プラクティスストッキング


◆合宿関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆合宿関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年09月25日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。