スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「Nehalem」が動いたっ!──IDF初日基調講演から

WiMAX Crash Course
 年2回の開催から年1回となったIDF(北京は特別版ということで)。そのおかげで内容も充実している。リポート第2弾は「Penryn」「Nehalem」をカバーしよう。

●いよいよ45ナノプロセスが11月に登場する

 登場間近となった45ナノメートルプロセスルール採用の「Penryn」(開発コード名)だが、IDF冒頭の基調講演に登場したIntel CEOのポール・オッテリーニ氏によれば、11月12日に正式な製品ローンチが行われるという。第1弾のラインアップとして20にも及ぶモデルが登場し、2008年には15~20のモデルが追加される予定だ。そして、2008年の後半にはアーキテクチャを一新した「Nehalem」(ネハーレム)が登場する。IntelのCPUはしばらく製品ラッシュが続くことになりそうだ。


wimax最新情報は・・・無線ブロードバンド大全





 45ナノプロセス世代のCPUでは、従来のシングル/デュアルコアに加えて、ネイティブなクアッドコア、さらに8つのコアを備えたオクタコアといった、幅広いラインアップが用意される。半導体の集積度も上がっており、Penryn世代のクアッドコアで4億1000万トランジスタ、Nehalem世代で7億3100万トランジスタとなる見込みだ。基調講演でも、オッテリーニ氏は「10億の大台に乗るのも時間の問題」と述べている。

 Intelの戦略では、x86アーキテクチャ(Intel Architecture:iA)で構成されたエコシステムをPC以外の領域に幅広く拡大することを1つの目標としている。これに基づいて、「Silverhorne」「Larrabee」(ともに開発コード名)という2つのラインアップを計画しており、前者は「System on Chip」な組み込み向けを想定し、後者はHPC(High-Performance Computing)向けのストリームプロセッサを想定するという具合に、iAの水平展開を狙っている...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


無線ブロードバンド大全


◆wimax関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆wimax関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年09月26日 未分類 トラックバック:1 コメント:0












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://menkyokun.blog104.fc2.com/tb.php/1684-c2f06161

【 ブロードバンド 】について最新のブログの口コミをまとめると

ブロードバンドに関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。

2007年09月26日 プレサーチ

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。