スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【サムライ通信】欧州遠征で得た教訓 <中編>

日本代表コンフィットシャツ2007(中村憲剛)
■後半、逆転勝利への道筋[前編の続き] 前半45分が終わる。ハーフタイムのロッカールームにはオシム監督の声が響いていた。「もちろん、論理的に指示を出せれば一番いいのだが、実際には選手たちにそうは言わなかった。怒って指示をした」とオシム監督。稲本は「監督からは『観光に来たわけじゃない、このまま終わっていいのか』と言われた」と話している。中村俊は「ハーフタイムに自分たちのやっていることを続けようと確認した。あとは監督が『サイドで2対1の状況を作ることを忘れるな』と。後半になっても自分たちのサッカーを変えなかったことが、よかった」と勝因のひとつとして、ロッカーの話をした。

 そして鈴木は「3番(相手左サイドのマニャン)5番(相手トップ下、マルガイラツ)へのケアをどうするかということを話し合った。


中村憲剛最新情報は・・・2007 サッカー日本代表オフィシャルトレーディングカードスペシャルエディション ボックス



でも、後半になったら、その二人が交代で居なくなってしまった。自分たちがどうケアをするかというチャレンジができなくて、残念だった」と悔しがった。と、同時に「最後までスイスがベストメンバーで闘っていたら、また違った結果になったかもしれない」とも言った。

 後半、EURO2008大会を前にして、多くの選手をテストしたいという思惑のスイスは、キャプテンのマニャンとマルガイラツを交代させる。それが原因となったのか、途端スイスの組織だった守備が崩れ、陣形が間延びし、スペースが生まれ、日本へのプレッシャーが薄まる。そうなれば、日本は前を向いてボールを受けることができ、パス回しで相手の疲労度をさらに高めていく...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


2007 サッカー日本代表オフィシャルトレーディングカードスペシャルエディション ボックス


◆中村憲剛関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆中村憲剛関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年09月26日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。