スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

DDR3への移行はいつ?──IDF 2007で読む「メモリ」「ワイヤレス」のトレンド

ICOM DIGITALアイコム 1200MHz デジタルトランシーバー ID-1
 大きなインパクトはないものの、細かいアップデート情報で今後のトレンドが把握できた今回のIDF。最後のリポートでは展示会場を中心に紹介したい。

●DDR2からDDR3へ、メモリ移行のタイミングを読む

 IDF 2007の展示会場で目立っていたものの1つに、次世代メモリが挙げられる。市場における主流は依然として「DDR2」だが、それでも、DDR3メモリは市場における流通量を増やしつつある。また、Intelの最新チップセット「Intel 3」シリーズが登場したことで、マザーボードベンダーからもDDR3対応製品が登場している。

 スペックだけでDDR3とDDR2を比べるならば、動作クロックは2倍に達し、動作電圧は1.8ボルトから1.5ボルトと低くなったDDR3だが、このようなメリットがある一方で、従来品に比べてコストが高く、チャネルあたりのDIMM搭載数の制限によってモジュール全体のメモリ容量を増やせないといった問題もあり、DDR2からDDR3への移行が簡単に進まないという事情がある。


免許最新情報は・・・☆1円~2台【10/04日迄】☆ハンディサイズで手軽に呼気に含まれるアルコール濃度を0.00~0.60mg...





 IDF 2007の展示会場でも、多くのメモリベンダーがDDR3のプロモーションに力を入れていた。しかし、製品と対応するチップセットがあるにもかかわらず、積極的に移行する理由が見つからないため、多くのユーザーがその導入に二の足を踏んでいる印象がある。デスクトップPCでは、搭載容量と速度面でDDR2と差が大きく開き始める2009年まで移行が進まないという意見も聞こえてくる。

 一方で、早く移行が進みそうなのがノートPCだ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


☆1円~2台【10/04日迄】☆ハンディサイズで手軽に呼気に含まれるアルコール濃度を0.00~0.60mg...


◆免許関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆免許関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年09月26日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。