スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

“Dragon”“Elite”“Verve”でドライブするHPのコンシューマーPC

後姿を演出するsantafe★サンタフェ2007新作秋冬プラチナエンブレム5ポケットデニムパンツ●イ...
 米Hewlett-Packardのアジア・パシフィック地域向けコンシューマー製品発表会がシンガポールで行われ、PCやプリンタ、iPAQの新製品が数多く登場した。米国では究極のゲーミングPC「Blackbird 002」を始めとしていくつかの新モデルが現れたが、アジア太平洋地区ではどうだろうか。そして、ここで発表された新モデルのうち、日本で展開されるのは果たしてどれなのだろうか。

●アジア太平洋地区では“絶好調”のコンシューマー向けPC

 基調講演では、同社アジア太平洋地域パーソナル システムズ グループ コンシューマー製品&モバイル ビジネス グループ副社長のチン・ホン・チャン(Chin Hon Cheng)氏が、2006年秋から2007年代1四半期の市場シェアを振り返った。世界市場でのPC出荷台数は2006年第3四半期以降1位を維持しており、アジア太平洋地域でもコンシューマー市場でのノートPCシェアが第4位から第1位に躍進し、デスクトップPCも第2位を堅持するなど右肩上がりの成長をアピールした。特にインドや中国市場の伸びが寄与しているという。

 そして、この成長を続けるべく、秋の新モデルを一斉に発表した。まずiPAQを計5モデル、日本では“ZEN-Design”でおなじみのHP Pavilion Notobook PCでは2つの新柄(VerveとInflux)の追加、そしてアジアのためにアジアでデザインを行ったというCompaqブランドのノートPCを説明。デスクトップPCでは、次世代のメディアセンターPCとして「HP Pavilion Elite」シリーズの投入を明らかにした。

 米国の発表会でアナウンスされたゲーミングPCやWindows Home Server関連製品が見送られたのは残念なところだが、日本でも新モデルの投入を検討中という話もある。PCの世界シェアNo.1、そしてアジア太平洋地域で絶好調という勢いを、日本国内でも感じさせる展開を期待したい。

 なお、2007年10月17日までMTVと共同でHP Pavilion Notebook PCのデザインコンテストが開催中だ。応募資格は16歳から24歳までの個人で、日本でも募集が行われている。応募要項はこちらを参照のこと。

●HDMI端子付きワイド液晶ディスプレイが登場

 気になるPC製品の前に、まずは新型の液晶ディスプレイ2モデルを紹介したい。

 いずれもHDMI端子を備えたワイド液晶ディスプレイで、BrightViewと呼ばれる光沢パネル(現行のHP w2207やw1907で導入済み)を採用している。主なスペックは下記にまとめたが、両モデルともデュアルヒンジ機構を取り入れることで、ディスプレイの位置調整が柔軟に行えるほか、液晶ディスプレイ部分を時計回りに90度回転させて縦画面表示にすることもできる。ただ、展示機のメニューには日本語が用意されていたが、現時点で日本での発売は未定とのことだ。

HDMI端子付きワイド液晶ディスプレイの主なスペック  
製品名   HP w2408h   HPw2207h
パネルサイズ   24インチワイド   22インチワイド
最大画面解像度   1920×1200ドット   1680×1050ドット
輝度   400カンデラ/平方メートル   300カンデラ/平方メートル
コントラスト比   1000:1(ダイナミックモードは3000:1)
応答速度   5ms
色域   92%(NTSC比)   72%(NTSC比)
視野角   上下/左右160度
環境光センサー   ○   ×
映像入力端子   HDMI×1/アナログRGB×1
USBポート   4ポート   2ポート
市場想定価格(USドル)   699ドル   399ドル
 
 

 次のページから、日本未発売のモデルを含めて注目のPCを細かく見ていこう。

●“Dragon”搭載のハイエンドノートPCに注目

 それでは、シンガポールの発表会で展示されていたモデルを中心に見ていく。

 現状、日本ではHP PavilionシリーズとCompaq Presarioシリーズの線引きがあいまいだが、海外ではPavilionが上位シリーズ、よりコストパフォーマンスを追求したのがPresarioシリーズという位置付けがなされている。今回発表された新モデルを加えた、各シリーズのノートPCラインアップは下記の通りだ。

 日本での発売は未定とのことだが、会場で最も注目を集めていたのは20.1インチ光沢ワイド液晶ディスプレイを搭載した「HP Pavilion HDX9000」だ。“エンターテインメントノートPC”の名付けられた製品で、同社おなじみの塗装技術「HP Imprint」が採用されており、その模様は「Dragon」と呼ばれている。

 画面解像度こそ1680×1050ドットとフルHDに及ばないものの、PCの基本スペックはドラゴン級だ。CPUはCore 2 Extreme X7900(2.8GHz)~Core 2 Duo T7500(2.0GHz)まで、メモリは最大4Gバイトまで、HDDは250/160/120Gバイトのドライブを各2基ずつまで実装できる。グラフィックスチップはATI Mobility Radeon HD 2600 XT(ローカルメモリはGDD3 256Mバイト/HyperMemoryを利用することで最大512Mバイト)固定だが、光学ドライブにはHD DVD-ROMの再生に対応したDVDスーパーマルチドライブを選択可能だ。


santa最新情報は・・・New!☆Abercrombie&Fitch☆アバクロ ボーイズ フリース



また、「HP HDTV Hybrid TV Tuner」やAltec Lansingの4スピーカー、サブウーファーを標準で内蔵するほか、左側面にはHDMI端子を備えているのが特徴だ。

 横幅が500ミリ近くもあり、キーボードには10キーを搭載しており、左側にはTVやWindows Media Centerを操作する赤外線リモコンが収納できる。デュアルヒンジ機構を取り入れることで、液晶ディスプレイの位置調整も柔軟に行える。本体サイズは約475(幅)×340(奥行き)×58.4(高さ)ミリ、重量は約7.14キロ(構成により異なる)で、OSはWindows Vista Home Premium(32ビット)のほか64ビット版Ultimateも選べる。

 米国ではすでに販売が開始されており、最小構成時の価格は2999.99ドルとなっている。

●次なるZEN-Designはこれだ!?

 続いては、“Special Edition”の2モデルを見ていく。

 1つはすでに日本で投入済みの「HP Pavilion Notebook PC dv6500/CT Special Edition」だ。日本では「雪景」(sekkei)と呼ばれていたが、こちらでは「Influx」と名付けられている。市場想定価格は999ドル~。

 もう1つは「HP Pavilion dv2600 Special Edition」で、こちらはシャンパンゴールドとブラックのツートーンボディに、「Verve」と呼ばれる模様が描かれている。ベースとなるのは日本で6月に発表された「HP Pavilion Notebook PC dv2405/CT」で、14.1インチの光沢ワイド液晶ディスプレイを搭載する。ただ、dv2405/CTがAMDプラットフォームだったのに対し、“Verve”はIntel PM965 Expressチップセットを中心にIntelプラットフォームを採用した“Santa Rosa”になっている。こちらの市場想定価格は1049ドル~だ。

 液晶ディスプレイの天面に大胆な模様が描かれた“Verve”だが、デスクトップ画面の「Big Wave」は、中央に富士山を置けば、まさに葛飾北斎作「冨嶽三十六景」の一場面を想起させる。このあたりが、“ZEN-Design”と呼ばれるゆえんなのかもしれない。

 次のページではモバイルPCとデスクトップPCの新モデルに迫る。

●Compaq Presarioシリーズにも気になるモデルが登場

 日本国内では一部の店頭モデルとして残っている「Compaq Presario」シリーズだが、ほかの国ではシンプルでコストパフォーマンスに優れたモデルとして健在だ。今回のイベントでは全4モデルがラインアップされたが、最も小型な「Compaq Presario B1200」に注目したい。

 「Designed in Asia for Asia」をコンセプトにしたCompaq Presario B1200は、12.1インチワイド液晶ディスプレイ(1280×800ドット表示)を搭載した小型PCで、Intel GM965 Expressチップセット採用の“Santa Rosa”モデルだ。HPでは若者向けのモデルに位置づけており、ブログや写真、音楽、動画をいつでも楽しめるのをウリとしている。

 液晶ディスプレイの天面とパームレスト部分はHP Imprintライクな光沢仕様になっており、全面にZEN-Designのような非対称の模様が描かれているのも印象的だ。CPUはCore 2 Duo T7700(2.4GHz)~Celeron M 530(1.73GHz)まで、HDDは200Gバイト~80Gバイトまで選択できる。ボディサイズは306(幅)×225(奥行き)×28~33ミリ(高さ)、重量は4セルバッテリーと光学ドライブ搭載時で約1.92キロとなっている。価格は1099ドルからだ。

Compaq Presario V3000

 こちらは、B1200の上位モデルとなる「Compaq Presario V3000」。14.1インチワイド液晶ディスプレイを採用し、IntelとAMDの両プラットフォームに対応する。B1200と同じ、非対称の曲線を生かしたデザインを取り入れている。

Compaq Presario C700

 15.4インチワイド液晶ディスプレイを搭載したバリューモデルの「Compaq Presario C700」。こちらはB1200やV3000とは異なるデザインを採用している。

●次世代を担うメディアセンターPCも発表

 日本での導入は未定とのことだが、次世代のメディアセンターPCとして発表されたタワー型デスクトップPCが「HP Pavilion Elite m9000 Series Desktop PC」だ。

 Blu-rayとHD DVDの両規格に対応したデュアルドライブを搭載するほか、CPUにCore 2 Quad/Core 2 Duoを採用したハイエンドモデルで、AMDプラットフォームもサポートするのが特徴だ。2.5インチ外付けHDD(120G/80Gバイト)を収納するPocket Media Drive Bayと、3.5インチ外付けHDD(500G/300G/160Gバイト)を内蔵するPersonal Media Drive Bayを前面に配置し、柔軟にHDDを増設可能なほか、「Easy Backup Button」を前面中央に備え、ワンタッチでメールやスケジュール、住所録をバックアップできるのも目を引く。

 ケース前面上部にメモリカードスロットがあり、中央部分にはHP Pavilion Notebook PCシリーズでおなじみとなるHP Imprintが採用されており、デザイン面でもアピールする。ただ、現状ではHDTVはサポートせず、PCI Express x16スロットは1基のみでSLIやCrossFireには対応しない。

 市場想定価格は、19インチワイド液晶ディスプレイ(HP w1907)付きモデルが1699ドルから、HDMI端子付き22インチワイド液晶ディスプレイ(HP w2207h)付きモデルが3299ドルからとなっている。

 HPが日本のコンシューマー市場に復帰してきてから1年3カ月が経過し、現在ではノートPC/デスクトップPC、そして液晶ディスプレイなどで複数のラインアップをそろえるまでに至った。直近では、コンセプトモデルの「HP TouchSmart PC」の投入もうわさされている。

 しかしその一方で、今回取り上げた製品だけでなく、「Blackbird 002」などのゲーミングPCといった複数モデルの日本市場投入が見送られているのも事実だ。魅力的な製品も多々見られるだけに、今後の展開には目が離せないと言えそうだ。
他の画像が掲載された記事
“Print 2.0”が切り開くHPの複合機/プリンタ――新モデルが多数登場
HPのスペシャルモデルは、夏だけど“雪景”――「HP Pavilion Notebook PC dv6500/CT Special Edition」
HP Pavilion Notebook PCにSpecial Edition“雪景”が追加
“雫”や“雪景”もいいけど、やっぱり“砂紋”ですよ――「HP Pavilion Notebook PC dv2405/CT」
HDMI付きで16万円台を実現したパワフルノートPC――「HP Pavilion Notebook PC dv9200/CT」
日本HP、個人向けPC「HP Pavilion」ラインアップ一新――デスクトップ4機種/ノート2機種を投入
“コンピュータをもう1度我が手に”――HPのデザイン展望 (1/2)
“MADE IN TOKYO”のVista搭載ミニPC現る――「HP Pavilion Desktop PC s3040jp/CT」
まずは2けたのシェア獲得を目指す――日本HPがコンシューマー向けデスクトップPCを発表
HP、ゲーマーPCやiPAQ新モデルを発表
HPがVoodooPC買収、ゲームPC部門設立へ
HP Consumer Fall Launch '06 リポート(PC編):次世代HP Pavilionはエンターテインメント色が濃厚に

(引用 livedoorニュース)


New!☆Abercrombie&Fitch☆アバクロ ボーイズ フリース


◆santa関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆santa関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年09月27日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。