スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

歩行補助ロボ 夢へ一歩 自分の力で地面けりたい 福岡県小郡の会社、大学と共同開発

momoモモ・nardiナルディ両タイプマツダフェスティバ用ステアリングボス76番
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070615-00000025-nnp-l40
 自分の力で地面をけりたい‐。歩行障害のある人たちのそんな願いを叶(かな)えようと、福岡県小郡市の福祉機器会社と、東京理科大(東京)のグループが、歩行補助ロボットを共同開発した。同市の福祉施設では試行テストが始まり、障害者と開発者双方の夢の実用化に向け“第一歩”を踏み出している。 (小郡支局・田中直子)

 ●福祉施設で試行開始
 小郡市大板井にある身体障害児通所施設「こぐま学園」。腰に四輪付きの器具を装着した男の子(5つ)の足が、シュッ、シュッという空気音とともに上下し、前に進み始めた。男の子は生まれつき足の筋力が弱くまだ歩けないが、約30分間、自分の足で立ち地面をけった。


自動車 免許最新情報は・・・momoモモ・nardiナルディ両タイプダイハツミラ用ステアリングボス539番





 「アクティブ歩行器」と名付けられた歩行補助ロボット。4つの車輪と靴が一体で、空気で伸縮するチューブ状の「人工筋肉」が付いている。空気圧縮機を手元で操作すると人工筋肉が伸縮し、靴を履いた足が動く仕組みだ。

 共同開発したのは同市の「ハートウォーカージャパン」(入江和隆社長)と、同大の小林宏・准教授。同社が製造販売している歩行補助器と、小林准教授が開発した人工筋肉を合体させたもので、入江社長は「病気やけがで自力歩行が困難になった人が、歩行の仕方を取り戻すためのリハビリ用機器などとして普及させたい」と話す。

   ◆   ◆

 入江社長には、脳性まひで両足が不自由な二女(22)がいる。「娘に自分の足で立ってほしい」...

ニュースの続きを読む


momoモモ・nardiナルディ両タイプダイハツミラ用ステアリングボス539番


◆自動車 免許関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆自動車 免許関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年06月15日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。