スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「鉄鋼・自動車大国」目指し疾走する中国(上)

のりものだいすきっず ~警らパトロールカー・ロボキュー編~
 長江(揚子江)沿いにある湖北省武漢市の武漢経済技術開発区「神竜大道」に、中国・東風汽車(自動車)と仏プジョー・シトロエン自動車が50対50で出資した合弁会社「神竜汽車(DPCA)」の生産基地がある。神竜は厳然たる中仏合弁会社だ。ブランド名も東風プジョー、東風シトロエンに分かれている。しかし、中に入ってみると、中国人の研究・開発者が中国部品メーカーと協力して作った「メード・イン・チャイナ」のグローバル自動車メーカーだった。 「“鯤鵬(コンポン)プロジェクト”の成功に死活をかけています。2008年までに全車種を90% 以上中国で開発・製作する方針です。つまり、来年・再来年には中国人の技術で作った中国製自動車が多数生産されるということです」と語る郭彦軍社長。


自動車最新情報は・・・レクサスIS250 GSE20ZEES AUSISS(オーシス)オールステンレスマフラー



 「鯤鵬」とは、道家の文献『荘子』に登場する伝説の大きな魚と大きな鳥だ。ここで独自技術を開発する人材は1000人を軽く上回るほどで、「自動車技術の独立」準備を順調に進めている。 神竜汽車は全車種のエンジンやトランスミッションを武漢から200キロ離れた襄樊市で独自生産している。中核となる部品の独自生産体制はすでに整っているというわけだ。そして完成車生産の現場にも先進的なシステムがそろっていた。中でも完璧な多車種混流生産システムは驚異的だ。 「1つのラインで複数の車種の製品を同時生産します。ラインごとに違う車種の部品が流れていますが、組み立ての際は同じ車種の部品がコンピューターにより完璧に自動的に組み立てられます」 劉斉心・行政部長は「今年の生産目標は26万台で、2年後には45万台まで生産台数を伸ばす計画です...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


レクサスIS250 GSE20ZEES AUSISS(オーシス)オールステンレスマフラー


◆自動車関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆自動車関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年06月27日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。