スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ソフトバンク 携帯電話の電波向上 家庭内基地局の実験開始

 ソフトバンクモバイルは2日、家庭内に置くことが可能な超小型の携帯電話基地局「フェムトセル」の実証実験デモンストレーションを、東京都港区の本社で報道陣に公開した。同社は同基地局を使った通信システムの実験免許を総務省から6月28日に取得し、一般向けの周知を狙いに実験デモを実施した。家庭内基地局は、ADSL(非対称デジタル加入者線)、光ファイバーなど既存の回線経由で接続できるなどの簡単便利な機能が特徴で、屋内など電波状況が悪くなりがちな場所での利便性向上に一役買いそうだ。

 ソフトバンクモバイルは現在、携帯電話に電波を送るための基地局を全国に4万2000局開設している。


フェムトセル最新情報は・・・



急速に増やしてきたため屋外での通話環境は好転しつつあるが、電波の届きにくい屋内で携帯を使用する場合には電波が弱くなるとの弱点がある。「利用者の通話エリアに対する関心は高く、電波が2本でも満足しないのが現状だ」(宮川潤一・取締役執行役員)という。

 このため、ソフトバンクモバイルは、家庭内に基地局を開設すれば電波状況が飛躍的に良くなる点に着目し、総務省に実験免許を申請し、免許を取得したという。

 ただ、現状ではコストや技術面での課題もある。システム1台あたりの価格は5万~10万円と割高で、普及に向けては「2万円まで下げる必要がある」(宮川取締役)。また、電波干渉の問題に加え、1つのシステムごとに免許申請が必要など、規制の緩和も欠かせないという...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


■■


◆フェムトセル関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆フェムトセル関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年07月12日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。