スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

室伏V!為末V!末続V!世界陸上獲れるぞ『金』

福原愛選手とのコラボレート・モデルBUTTERFLY(バタフライ)福原愛スペシャルST 34504【卓球ラ...
 日本選手権第2日(6月30日、大阪・長居陸上競技場)アテネ五輪男子ハンマー投げ金メダルの室伏広治(32)=ミズノ=が13連覇を達成し、父・重信氏の最多優勝記録を更新した。男子400メートル障害は為末大(29)=APF=が、男子200メートルは末続慎吾(27)=ミズノ=が、それぞれ優勝。同じ長居陸上競技場を舞台に8月25日に開幕する世界陸上でメダルを狙う“陸の三銃士”が、順当に代表権を獲得。ニッポンの3大スターに死角なし…だ。

 魂の叫びが長居を制圧した。「ウォーッ!!」。最終の6投目。重さ7.260キロの青い“弾丸”が今大会最高到達点となる79メートル24に着弾した。


福原愛最新情報は・・・アタマでDO! こてんこてんこ





 「今年初戦でちょっと緊張した。みなさん、ありがとッ…、ありがとうございましたァ」

 百戦錬磨の五輪王者がお立ち台で“噛んで”しまうほどの緊張感。2カ月後に控える世界舞台を見据えた今季初戦、オヤジ越えとなる大会通算優勝記録更新、そして博士号取得直後のプレッシャーが、1メートル87、99キロの巨体にのしかかっていた。

 第1投。9カ月ぶりのサークルでの今季初投げは、囲いを直撃する失格投だった。世界陸上に向けて、防護ケージのサイズが世界基準に一新された今大会。ケージの側面の長さが4.2メートルから7メートルに伸びたことによって投射角が狭まり、まさかのスタートとなった。

 だが、そこは27日に中京大大学院の博士論文に合格した『ドクターK(広治)』...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


アタマでDO! こてんこてんこ


◆福原愛関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆福原愛関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年07月15日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。