スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

人身事故&飲酒運転「罰則強化」

■普通自動二輪車免許マニュアル (ベーシックプラン・通常予約)【既に普通自動車免許を所持し...
 先月14日、ドライバーにとって重要な法律が成立した。飲酒運転の厳罰化を柱とした道路交通法の改正案だ(飲酒運転関連については9月19日までに施行)。その2日前には、悪質な人身事故をより厳しく罰する刑法の「自動車運転過失致死傷罪」が施行された。どの点が変わり、何が厳しくなったのか?●刑法の厳罰化 刑法に自動車運転過失致死傷罪(刑法211条2項)が新設された。「車を運転し、不注意で人の身体に危害を加えた場合、『7年以下の懲役・禁固又は100万円以下の罰金』となります。従来の業務上過失致死傷罪は、『5年以下の懲役……』でしたから、一段と厳しくなりました」(高島良樹弁護士) 法律はすでに施行済み。


免許最新情報は・・・◆第一種 普通自動車免許オートマチック(超特急プラン【7月27日(金)スタートプラン】卒業ま...



酒を飲んでも飲まなくても、いわゆる人身事故を起こしたら、この法律が適用になる。ドライバーは、いままで以上に慎重にならざるを得ない。●道路交通法も厳しく 飲酒運転やひき逃げの罪を厳しくしたほか、自転車の歩道走行条件の緩和、乗用車後部座席でのシートベルト着用の義務化などが決まった。注目すべきは飲酒運転の厳罰化だ。 主な項目は次の通りだ。●飲酒運転は「懲役5年以下…」 酒に酔った(正常な運転ができないおそれがある)状態で運転すると、「懲役5年以下又は100万円以下の罰金」。酒気帯びの場合は「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」と罰則が強化された(従来はそれぞれ順に、3年以下・100万円以下、1年以下・30万円以下)...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


◆第一種 普通自動車免許オートマチック(超特急プラン【7月27日(金)スタートプラン】卒業ま...


◆免許関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆免許関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年07月16日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。