スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ポンサク倒した!内藤が涙の新王者

スポーツクラブに部活にかかせない♪NIKE/ナイキ ボネートウォーターボトル
 ボクシングWBC世界フライ級王座戦12回戦(18日・後楽園ホール)、挑戦者・内藤大助(32)=宮田=が、王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(29)=タイ=を3-0の判定で破り新王者となった。持ち前のパワフルなボクシングでポンサクレックの動きを封じ、試合を支配。9回に右目上をカットし劣勢に回ったが、果敢にアタックをかけポイントを重ね勝利をものにした。内藤は02年4月、05年10月に続いて3度目のポンサクレック挑戦で悲願を達成。32歳10カ月での世界王座奪取は、越本隆志に次いで史上2位の高齢記録となる。日本ジムに所属する現役世界王者は5人となった。


合宿最新情報は・・・品川庄司/コントドライヴ




 最終12回、最後の力を振り絞って左右フックを繰り出した。足元はふらつきおぼつかない。顔面は大きく腫れ上がり視界をふさいだ。それでも内藤の気力は衰えを知らなかった。「判定を聞くまで分からないから」。17連続防衛中の最強王者に最後まで真っ向から勝負した。
 作戦勝ちだった。接近戦のうまい王者に対し、中間距離からトリッキーな動きでほんろうした。いきなり放つ右フックを主武器に揺さぶった。キャリアでは圧倒的に劣るものの、パワーで対抗。3回には右フックでポンサクレックの左目上を切り裂いた。勝利への執念が奇跡を呼び込んだ。
 ポンサクレックとの因縁は、5年前にさかのぼる。02年4月、内藤はタイに乗り込み1回KO負けを喫した。わずか34秒で撃沈した。王者の一撃で意識が飛んだ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


品川庄司/コントドライヴ


◆合宿関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆合宿関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年07月24日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。